防災・構造 STRUCTURE

  • マンションだから安心で包む、防犯・防災システム。
  • 大切な資産を守る基本構造・永住仕様。

安心の2重セキュリティシステム。

  • 24時間総合監視システム「アウル24」

    住戸内や共用部の異常を迅速に感知し、監視センターに自動通報。提携警備会社が状況に応じて駆けつけ、あるいは関係各署に通報するなど、1次対応を行います。2次対応では、管理会社から技術者などの専任スタッフが駆けつけます。

1次セキュリティ[共用部] オートロックシステムや防犯カメラが、不審な来訪者の侵入を監視します。

  • 防犯カメラ(レンタル対応)

    人の出入りが多いエントランスをはじめ、人の目が届きにくい駐車場やエレベーター内などに防犯カメラを設置しています。

  • ガードフェンス&チェーンゲート

    外部からの不正侵入を未然に防ぐため、敷地外周には高さ約1.8mのフェンスをめぐらしています。駐車場の入り口にはチェーンゲートを設けました。

  • カラーTVモニタ付オートロックシステム(録音機能付)概念図

    安心感を高める多重のセキュリティ

    メインエントランスと玄関に設置したカメラが来訪者をお知らせ。 住戸内からカラーで顔を確認できるため、不要なセールスや不審者の入館を防ぐことができるだけでなく1階のエレベーターホールには搭乗者が確認できる大型モニターを設置するなど防犯性を高めています。また、入居者は荷物で手がふさがっている際なども非接触キーでスムーズに入館できます。

2次セキュリティ[専有部] 万一の不正侵入にも備えるため、開口部のセキュリティ機能を高めています。

  • 玄関ダブルロック

    玄関ドアの2カ所にドアロックを設置して、防犯性を向上させました。

  • 防犯センサー(1階住戸のみ)

    玄関ドアと面格子のない開口部には、防犯センサーを設置。万一の不正侵入を感知するとアラームが発生し、外部に異常を知らせます。

  • ディンプルキー

    約1,000億通りの鍵違い数と堅固な構造で、不正なキー複製やピッキングなどを防止。安心の暮らしを防犯面からサポートします。

    ※上部はシリンダーの内部をわかりやすくするために、部品の一部を省略して描いています。

  • 防犯式サムターン

    ドアロックの室内側つまみ(サムターン)に、特殊な防犯機構を採用。外側からのサムターン回しによる不正な解錠を防止します。

  • 鎌付きデッドボルト

    バールなどを使ったドアのこじ開けを防ぐため、デッドボルトの先端から鎌状の金属が飛び出した錠前を採用。防犯性を高めています。

耐震性・地震対策。もしもの地震を想定した「耐震・耐久力」。

  • 対震玄関ドア枠

    ドアとドア枠の間に適切なクリアランス(隙間)を確保。強い地震でドア枠が変形しても、玄関ドアの開閉を可能にします。

  • 地震時管制装置付エレベーター

    地震の初期微動を感知すると、運転中のエレベーターが最寄り階に緊急停止。自動的に扉が開き、利用者の脱出を促します。

非常用ライフライン[防災3点セット]を常備した防災倉庫を確保。

  • 防災3点セット

    万が一の時に備えた防災設備を敷地内に常備。

    「防災3点セット」の詳細はこちら

  • かまどスツール

    普段は上部を腰掛け板で覆い、屋外用のスツールとして使用。災害時には腰掛け板を外すだけで、炊き出しかまどとして使えます。

  • 非常用飲料水生成システム「WELL UP」

    敷地内の井戸や河川の水をスピーディーにろ過。1日最大約4,800人分の飲料水を供給できます。停電時も運転できるよう発電機を採用しました。

  • 非常用マンホールトイレ

    敷地内のマンホールのフタを外して組み立てられる鍵付きテントの簡易トイレ。下水道に直結させるので、断水でトイレが使えない際に役立ちます。

  • 防災倉庫の設置

    巨大地震など災害が街を襲った場合、マンション住民は「自助」と「共助」でライフラインが復旧するまでの間を過ごさなければなりません。万一の時も安心できるマンションライフを過ごすために、「ブランシエラ池田石澄」では、非常時に役立つ防災用品を備蓄しています。これによって、災害時にも一定の安心感がもたらされます。

    • ・非常用飲料水生成システム
    • ・下水道直結トイレ
      (簡易トイレ・テント)
    • ・仮設照明 
    • ・延長用コードリール
    • ・担架
    • ・台車
    • ・大型ビニールシート
    • ・ポリタンク 
    • ・ポリバケツ・トラロープ
    • ・トビ口
    • ・バール 
    • ・ツルハシ
    • ・スコップ
    • ・軍手
    • ・ヘルメット
    • ・防災毛布
    • ・懐中電灯
    • ・発電機
    • ・簡易水槽
    • ・のこぎり 
    • ・ジャッキ
    • ・かけや
    • ・救急箱
    • ・スチール棚

    ※上記掲載内容は参考のため、変更になる場合がございます。

  • 直接基礎工法

    固く良質な地盤でしか採用が困難な、支持層上にマンションが直接建っている状態の基礎工法である「直接基礎」を採用しています。

  • コンクリート強度

    水セメント比50%以下、設計基準強度27N/㎜2のコンクリートを採用。国の指針を超える強度と耐久性を実現しています。

  • 溶接閉鎖型帯筋・スパイラル筋

    主要な柱には溶接閉鎖型のフープ筋、またはスパイラル筋を採用(中子筋除く)。主筋をしっかり束ねて柱に粘りを加え、地震による柱の崩壊を防ぎます。

  • ダブル配筋

    建物の剛性を高めるために、戸境壁内の鉄筋は縦・横ともダブルで配置。シングル配筋を上回る強度と耐久性を実現しています。

  • 戸境壁厚

    住戸間を仕切る戸境壁厚を約180㎜以上としています。十分な壁厚で遮音性を高めるとともに、耐震性と断熱性を向上させました。

快適設計

  • 段差を極力抑えた住空間を実現するフルフラット設計

    より快適な住まいをめざし、住戸内の床をフラット設計としています。居室間、廊下、浴室などの水まわりの段差を最小限に抑え、万一のつまずき事故を未然に防止。小さなお子様やご高齢の方も安心です。

  • 空間をすっきりと仕上げるアウトポール設計

    リビング・ダイニングのバルコニー側のコーナーはムダな柱型が出ないため、室内空間はいつもすっきり。デッドスペースが生まれにくく、家具もぴたりと収まります。

住戸内環境

  • 断熱設計

    外気に接する住戸の壁面や屋根には、十分な厚さの断熱材を施工。夏涼しく冬暖かい室内環境を実現し、省エネ効果を高めます。

  • 24時間低風量換気システム

    窓を閉めた状態でも、浴室の24時間換気機能によって空気を入れ替え。新鮮な外気を取り込んで、心地よい空気環境をキープします。

  • シックハウス対策

    室内の主要な仕上材には、F☆☆☆☆部材を採用。シックハウス症候群の原因とされるホルムアルデヒド類を抑制しています。

住宅品質や環境性能を公正な視点で評価制度に参加。

  • 国に登録した第三者機関が住宅品質を保証する
    「住宅性能評価書」を取得予定

    国が指定する第三者機関が、公正な視点から住宅の性能を評価します。すでに、設計図などに基づき住宅品質を判定する「設計住宅性能評価書」は取得済み。

  • CASBEE大阪みらい
    大阪府建築物総合環境評価制度

    「CO2削減」「省エネ対策」「みどり・ヒートアイランド対策」の3項目について、客観的に評価されます。これにより、住まいのプラス/マイナスポイントが明確に分かります。

    ※大阪府の建築物環境性能表示制度に基づいて建築主が自主評価を行った結果であり、大阪府が認証を与える性質のものではない。

  • 【フラット35】S登録マンション

    住宅金融支援機構が定めた【フラット35】Sの厳しい技術基準をクリア。劣化対策および維持管理対策に優れたマンションとして、金利面で優遇措置が受けられます。

    ※【フラット35】Sには、予算金額があり、期間内でも予算金額に達し次第、受付を終了させていただきます。※平成29年12月現在の情報となります。詳細は住宅金融支援機構のホームページなどでご確認ください。